注文住宅とはどのような魅力があるの?おさえておきたい基礎知識を詳しく解説します

このサイトでは注文住宅とはどのような魅力があるのか、そして家造りの基礎的な知識を詳しく解説していきます。
満足度の高い家にするためには、業者選びも重要です。
せっかく家を建てるのですから、理想の家を実現したいものです。
そのためにも依頼するべき業者の正しい見極め方ポイントを知っておきましょう。
さらに失敗しないように、建てるときに起こりやすいトラブル例も紹介します。
これを読むことで、本当に建てたかった憧れの家が完成するはずです。

注文住宅とはどのような魅力があるの?おさえておきたい基礎知識を詳しく解説します

注文住宅とは、手抜き工事にならない点もメリットです。
既に出来上がっている建売住宅の場合は、どのような工事が成されたのか工事風景を見ることができません。
もしも手抜きが行われていても、分からないわけです。
しかし注文住宅であれば、依頼主は現場を見に通うこともできます。
直接大工さんと話して、信頼関係も構築できます。
工事現場に足を運んで自分の家が出来上がっていく過程を見ることができるのは安心でもあり大きな魅力です。
注文住宅とは、依頼主も参加できる家造りと言えるでしょう。

注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳を把握する

注文住宅を建てる際にかかる費用の内訳は土地の代金を除くと本体の建築工事費と付帯工事費、諸費用に分けることができます。
所有地がない場合にはまず土地を購入することになりますが不動産会社を利用するのであれば仲介手数料や印紙代、登録免許税が必要です。
土地を所有するためには固定資産税や都市計画税など税金も負担しなければなりません。
登記手続きを司法書士に任せる場合には報酬を支払わなければならず、住宅ローンを利用する場合には手数料や利息も必要です。
つなぎローンを利用する場合は建物が完成するまでの利息も発生します。
土地の売買金額に消費税は発生しませんが、仲介手数料や司法書士の報酬には消費税が課税されます。
本体工事費は全体の70%以上を占めるとされており仮設工事や基礎工事、内装・外装やエアコンの設置などの代金が必要になります。
付帯工事費は駐車場や庭など外構の他に水道管などの引き込み、照明の購入・取付などの代金です。
その他にもハウスメーカーとの契約にかかる手数料や不動産取得・住宅ローン関係の税金などがあります。
注文住宅を建てるのであれば予めコストの内訳を把握しておくことが大切です。

注文住宅のローンを組む適切な時期はいつ

注文住宅を購入するには住宅ローンを利用するのが一般的ですが、契約前に事前審査を受ける必要があります。
審査には事前審査と本審査の2種類があり、注文住宅の契約後に本審査が通らないということがないように事前審査を受けて借りられる金額を把握しておかなければなりません。
事前審査は土地購入や住宅のプランを検討している時期に申し込むのが最適です。
それ以前の段階でもインターネットのシミュレーションサービスを使えば、簡単に各金融機関の金利や支払い額を算出できます。
事前審査に通ったとしてもすぐに希望額の融資が実行されるわけではありません。
住宅と土地を担保にするため、融資が実行されるには建てられた住宅が正式に借り主のものとなる必要があります。
建物の完成後に所有権の登記を行いの本審査が通ったら融資が実行されます。
土地の購入で住宅ローンを利用している場合は引き渡し時から支払いが発生することもあります。
また請負契約時や着工時、上棟時に支払いが発生する場合に自己資金が用意できなければつなぎ融資が必要です。

注文住宅を成功させるために不可欠な土地探し

注文住宅を成功させるために不可欠な土地探しを行うには、インターネットを使う方法と不動産会社を使う方法があります。
本当によい土地を手に入れて理想の注文住宅を建てたいのであれば、インターネットだけに頼るのではなく不動産会社を積極的に活用することが大切です。
インターネットは不特定多数の人びとが閲覧できますが、不動産会社はよい物件を直接訪問した顧客へ先に紹介します。
実際に訪問して物件探しを依頼した顧客の方が、インターネットだけでやり取りを行う人たちと比べて成約する可能性が高い傾向があります。
インターネットは便利ですが、物件が公開された時点ですでに情報が古くなっている可能性があるので注意しなければなりません。
理想の注文住宅を建てるためには立地だけを単独で考えるのではなく、建物を建てて生活している状態をイメージする必要があります。
経験豊富な不動産会社に相談すれば条件にあった物件を効率的に探すことができます。

注文住宅を建てる際は情報収集をしっかり行う

注文住宅は分譲住宅よりも決めていくことになるものは膨大な量になります。
そういうとデメリットに感じてしまう方も中にはいるかもしれませんが、満足度の高い家にしたいという事であれば、注文住宅の方が最終的には完成したときの満足度が高くなることは間違いありません。
間取りも内装も外装も自分たちの好きなようにできるからです。
その際予算に合わせて妥協しなければならないこともきっと出てくるとは思いますが、全て規格で決められている分譲住宅とは妥協しなければならないことはくらべものにはなりません。
選択肢が多いですし情報もある程度持っておかないと、後悔してしまうことにつながることも有りますので要注意です。
情報収集はネットでも、モデルハウスに行った時でも、またハウスメーカーを決めてから相談する担当者と話していく中でも出来ますし、実際に注文住宅を建てた方に話を聞くのも有りです。
色々な方法で情報収集をしてのぞんでいきましょう。

注文住宅で人気が高い設備は何なのか

注文住宅で人気の設備は、まず床暖房です。これは主に1階の床から部屋全体を暖めるものです。
エアコンやストーブのように部屋を乾燥させることがありませんし、小さな子供が危険な思いをすることもありません。家族がくつろぐリビングに設置したいと考える過程が多いです。
次も温度管理に関係するペアガラス窓です。ペアガラス窓は2枚のガラスを使った窓であり、断熱性の高さが魅力です。
結露がしにくいため、カビを心配する必要性も低減できます。外側のガラスを強化ガラスにすると台風対策にもなります。
過半数の注文住宅に付いているのは、センサーライトです。いちいち照明を点けたり消したりする必要がなく快適です。つけっぱなしにしてしまうこともないので、省エネに役立ちます。
最後は生ゴミ処理に役立つディスポーザーです。ディスポーザーは生ゴミを粉砕して下水に流れるので、キッチンが臭いにくくなります。
虫が出るリスクも低下するため快適性が向上します。しかし地域によっては、注文住宅のディスポーザー取り付けを協定などで禁止しています。

注文住宅は老後の生活も考えて建てるべき

現状では新築される住宅には百年住宅といううたい文句もあるほど、長く生活し続ける事のできる建築物となっています。
ましてや注文住宅ともなれば施主の要望を多く取り入れ、建築することのできる建物ですから将来をも見据えて設計するです。
それは、現状の家族全員が満足し納得できる家であるのと同時に、その家でより長く生活を続ける方の将来像をも想定しなければならないという事なのです。
人間は誰であっても年齢を重ねることで、若い頃と同じように体を動かすことはできなくなります。
そのためにバリアフリーという言葉で示される構造が生まれており、年配の方がおられる家庭では暮らしていくうえで安全に配慮しプランを立てています。
しかし、長期間生活できる建物であることを考えれば、いずれは自分たちも同じような状況になるのは必然です。であれば平屋の建物で段差のない構造にするのが、老後の生活を考えればベストであると言えます。
これは敷地の問題もありますので誰でも可能とは言えませんので、いずれは最も長い時間生活をする場所を一階にするとか、手すりを付けやすい構造にする工夫が必要になってきます。
このような要望は注文住宅だからこそ出せるものですので、プランを確定する前に熟考すべきこととなるのです。

注文住宅でコストダウンを実現するコツ

自由設計の注文住宅では、建物の外観から室内の間取りやインテリア、さらには門塀や駐車スペースといった外構ゾーンに至るまで、自分たちの好みや希望に合わせて仕上げることが可能です。
その一方で、家づくりへのこだわりが強いほど、その分だけ何かと建築コストが増えてしまうのも事実。
したがって注文住宅の予算が気になるのであれば、上手にコストダウンできる幾つかのコツを、あらかじめ知っておくことが求められます。
まず建物の形状や構造そして間取りといった、大枠から見極めること。例えば建物全階の面積の総和である、床面積をできるだけ小さくすれば、大幅なコストカットが期待できます。
また屋根や外壁そして建物自体の形状をシンプルにすることで、施工に必要な足場や資材そして人員や手間も少なく済むため、その分だけ建築コストを低く抑えることも可能になります。
建物の大枠を見極めたら、次は室内の間取りやインテリアといった、細部をチェックします。
特に間取りについては大幅なコストダウンが期待できるため、しっかり検討することが求められます。
例えばできるだけ部屋数を少なくし、一部屋を広めにした間取りで設計すれば、床や壁あるいは天井に使用する資材、そして人員や手間も少なく済むため、その分だけ建築コストも安く済むはずです。

注文住宅を建てた人の意見も参考にしよう

注文住宅で家を新築しようとしている時に、参考になるものには住宅メーカーの説明や住宅展示場で実際に建築された物件など様々なものがあります。
また、自分自身で調べ確認した内容なども確信に変わっているのであれば、その手法を取り入れるのも大切な事になります。
しかし、現実の問題としてメーカーの担当者の説明や、自らの目で調べ上げた通りに家を建築したとして問題が何もないと言い切れるでしょうか。そこで考えなければならない事のひとつに、同じ住宅メーカーで家を建築しそこに入居している方の感想になります。
現実にその建物で生活をしてみた時に、不満を感じたり逆に満足して心から良かったと思える部分を聞いてみることです。
良かったと思われた部分は積極的に取り入れるべきですし、そのような形であっても不満を持たれた部分には注意が欠かせません。
自身が建てようとしている建物に、不満を持たれた内容と同一の物があれば再考して見なければなりません。
注文住宅とは施主の要望に応じて建築される家ですから、既に入所されている方の意見や感想は聞き逃すことのできないものになります。

注文住宅で失敗しないために専門家に相談

家族全員が住みたい家はそのような家なのかを、まずは全員で考えていかなければ理想に近い遺影を完成させることはできません。
そして、そのような家を建築するためにクリアすべき条件とは何かを、ひとつずつ考えていく必要があります。
例えば通勤や通学のために駅から近い場所が良く、そのような敷地を用意するために必要な予算も決めていくことがあります。
次に、その敷地に注文住宅であればそのような建物を建てたいかという要望を出せますので、実際に建築可能かを建築基準法にも照らし合せることになるのです。
更に敷地の地盤や環境が希望通りの家を建てられるかも、それぞれ専門家に相談し結論を出していく必要があるのです。
このように建築の素人だからこそ出せる要望と、各部門の専門家だからこそ判断が出せる内容もあります。
施主やその家族が喜んで生活するための家は、このように多くの方の意見を反映させてこそ完成するのです。
まさに完成した注文住宅の魅力と喜びが、そこにあると言って過言ではありません。